WEB予約はこちら
Instagram
MENU

義歯・入れ歯|西宮市大谷町の歯医者 - いしみね歯科クリニック

義歯・入れ歯

DENTURES

義歯・入れ歯

今、使われている入れ歯は、ご自身のお口にしっかりあっていますか?

入れ歯でよく抱える問題

  • 外れやすい
  • 喋りづらい
  • 金属のバネが気になる
  • しっかり咬めない
  • 食事が美味しくない
入れ歯

こういった不満をしっかり解消させていただきます。
入れ歯にもいろんな種類があるため、下記に紹介させていただきます。

入れ歯とは、様々な理由で歯がなくなってしまった場合の治療方法の一つです。残っている歯があり、それを土台にする場合は部分入れ歯、すべての歯がない場合は総入れ歯による治療を適用します。
入れ歯は、種類によっては見た目が好みと合わない、装着すると違和感がある、話しにくいなどの問題が起こることがあります。これらの問題が起きないよう、お口の中の状態を正確に診断し、スタッフと相談をしながら適切な入れ歯を選び、定期的なメインテナンスを受けることが大切です。

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯は、費用を抑えられることが最大のメリットです。デメリットは、見た目が不自然であったり装着時に違和感がある場合があることです。

レジン床義歯

レジン床義歯

歯科用のプラスチックであるレジンで土台(床)を作ります。保険診療のため治療費が安く、適用範囲は広くほとんどの症例に使用することが出来ます。デメリットは、入れ歯を支える金具が目立ってしまうこと、強度を確保するために土台の厚みを持たせることで使用時に違和感が出てしまうことです。
喋りづらいという大きな欠点もあります。

保険診療外の入れ歯

保険診療外の入れ歯は、費用は高額になりますが見た目が自然で装着時の違和感を少なくすることができます。

金属床義歯

金属床義歯

入れ歯自体を薄く設計できるため、保険の義歯に比べると、話しやすく、違和感も少なく、装着感に優れている。
また熱伝導率もあり、食事を楽しむことができる。使用する金属は要相談。(チタン、ゴールドなど)

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

樹脂で作られており、薄く軽く弾力感があるため装着時の違和感が少ないことが特徴です。金属を使わないので金属アレルギーの心配はありません。硬いものを食べても揺れにくいので、食事が楽しくなります。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

すべての歯を失った時の治療法です。
顎の骨に2~4本のインプラント(人工の根っこ)を埋め込み、その上に総入れ歯をつけてあげます。インプラントにしっかりはまり込むため、がたついたり、外れやすかったりせず、食事がしっかりできます。